黒椿の副作用は大丈夫?

飲む白髪ケアサプリメント黒椿の副作用が心配の方もおられると思います。

どんな成分が入っているか不安な方もあるのではないでしょうか。

今回は、黒椿の副作用と成分について説明します。

不安を解消して、黒椿で艶やかな髪を取り戻しましょう。

天然由来の成分のみを配合

黒椿は副作用の心配がありません。

理由は天然由来の成分だけを凝縮しているからです。

また、黒椿は過去に副作用を起こした成分を含んでいません。

したがって、現時点で副作用の発生の可能性はほぼありません。

ただし、人の体は絶対に大丈夫と言い切ることもできません。

今まで副作用がなかった成分でも、体調によっては副作用が発症することもあります。

例えば花粉症の方は、アレルギーを起こす花粉の季節は体がとても敏感になっています。

そんな時は普段であれば何ともない成分であっても、体調不良の原因になることもあります。

他の薬やサプリメントの併用は専門家に相談が必要

黒椿だけでは副作用の心配はありませんが、他に薬やサプリメントを飲んでおられる方は、少し注意が必要です。

処方薬や市販の飲み薬、サプリメントとの飲み合わせによる副作用が発症する可能性があります。

処方薬を飲んでおられる方は、黒椿を飲む前に医師や薬剤師にご相談ください。

また、カゼなどの体調不良で市販の薬を飲む時も薬剤師にご相談ください。

不安を感じられたら、体調が回復するまで、一時的に黒椿を休止してください。

この他に、アレルギー体質の方もかかりつけの医師や薬剤師に相談してから黒椿をご使用ください。

副作用による体調不良は、一度発症すると長引きます。

薬をやめても完治に時間が必要となります。

体調が万全でなく、デリケートな状態の時には黒椿を飲む前に専門家にご相談ください。

主要成分をわかりやすく解説

黒椿の主要成分はゴマリグナン、ポリフェノール、L-リジン、アルギン酸の4つです。

それぞれに解説します。

ゴマリグナン

黒椿に含まれるゴマリグナンは黒ゴマ由来の成分が使用されています。

リグナンは植物に含まれる化合物の一種で、ゴマに含まれるものをゴマリグナンと呼びます。

ゴマリグナンは抗酸化物質で代表的なものにはセサミン、セサモリンなどがあります。

抗酸化物質は体内で発生した余分な活性酸素を取り除く働きがあり、これがアンチエイジング効果です。

この他にゴマリグナンは女性のホルモンバランスを整え、更年期障害を改善する効果もあります。

ポリフェノール

黒椿に含まれるポリフェノールは黒ウコンのものが使用されています。

黒ウコンは別名黒ショウガ、原産国のタイではクラチャイダムと呼ばれています。

黒ウコンにはポリフェノールの他、アントシアニンも多く含んでいます。

黒ウコンのポリフェノールはアンチエイジング効果の他、アロマターゼ阻害作用もあります。

アロマターゼは女性ホルモンに働く酵素です。

アロマターゼ阻害作用は更年期障害の予防の他、脱毛予防が報告されています。

L-リジン

L-リジンは必須アミノ酸の1つで体内での生成が困難なため、食べ物などで補う必要があります。

このL-リジンは体内で、コラーゲンやエラスチンの生成にも使われています。

また、毛髪の重要な構成成分のケラチンの合成にも欠かせないものです。

様々なタイプの薄毛、抜け毛に対する発毛効果が確認されています。

また、成長促進作用もあり、育毛効果もあります。

アルギン酸

アルギン酸はヒジキやワカメに多く含まれる海藻特有の水溶性食物繊維です。

海藻の水溶性食物繊維はフコイダンもあり、独特の粘り成分としても有名です。

この水溶性食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えます。

吸収されない糖類や脂質は不要な老廃物として体外に排出されます。

また、アルギン酸はコレステロールを排出する作用を持つので、血液の流れを良くする効果があります。

成分は髪に有効な成分がタップリ

黒椿には主成分の他にも、多くの発毛・育毛成分が含まれています。

また、髪を美しくする成分や頭皮環境を整える成分がタップリ入っています。

ガニアシ

昆布またはワカメの根は見た目がカニの足に似ていることからガニアシと呼ばれます。

ガニアシ部分には普通食べる昆布に比べて、ミネラルやアルギン酸やフコイダンが多く含まれています。

ガニアシは発毛・育毛効果が有名です。

その他に髪質にハリやツヤ、コシを与える効果もあります。

亜鉛含有酵母

牡蛎(カキ)に多く含まれる亜鉛は、人の体に必要とされている必須ミネラルです。

しかし、体内で作りだすことができないので、食事で摂る必要があります。

亜鉛はタンパク質の代謝を促すことで、髪のトラブルを改善します。

特に髪は新陳代謝のペースが早いので、亜鉛を補うことで髪をより美しくする効果につながります。

ビオチン

ビオチンはビタミンB7とも呼ばれるビタミンです。

髪にハリ、ツヤを与える効果があるとされています。

単独サプリメントを用法無視の大量摂取による健康被害もアメリカでは報告されています。

現在、アメリカでは故意の過剰摂取を控えるよう勧告されています。

黒椿に含まれるビオチンは微量ですので、黒椿だけでは副作用の心配はありません。

パントテン酸

パントテン酸はビタミンBの1種で以前はビタミンB5とも呼ばれていました。

パントテン酸は多くの食品に含まれています。

パントテン酸は糖質やタンパク質、脂質の代謝とエネルギーを作り出すために必要な酵素を補助する役割があります。

また、パントテン酸は抗酸化物質コエンザイムの構成成分でもあります。

その他に、コレステロール、ホルモン及び免疫抗体の合成にも関係しています。

この働きが皮膚や粘膜の健康維持を助け、頭皮環境を整える効果があります。

ビタミンC

ビタミンCは美肌効果が有名で、海藻の海苔にも多く含まれます。

ビタミンCは熱に弱く、加熱調理すると破壊されますが、海苔に含まれるビタミンCは熱に強く、焼いても壊れません。

ビタミンCは丈夫な皮膚や血管を作る働きもあり、血液の循環をサポートします。

毛細血管にまで血液を循環させることにより、頭皮環境を整えます。

まとめ

いかがでしたか?

黒椿には多くの発毛・育毛成分や髪にハリやツヤ、コシを与える成分が多く含まれています。

また、頭皮環境を整える成分もタップリ含まれています。

頭皮環境を整えることで、黒い髪が生えるメカニズムを正常化します。

髪に有効な成分が種類豊富に、バランス良く含まれており、副作用の心配はありません。

あなたも黒椿で体の内側から体調を整え、黒髪を取り戻しましょう。

今なら公式サイトのみ86%OFFで手に入れることができます

黒椿の公式サイト